2018年03月13日

美術館めぐり〜  葉山 横須賀編

IMGP3290.jpg

久々にすたじおメンバーで郊外へ... 今回のメインは葉山美術館の「堀文子展」 白寿を記念する企画展で 私が多摩美時代の先生 一度も講評してもらえなかったけど(笑)
館内では各自バラバラになって作品鑑賞しました。どう見えたかな? 堀先生の作品は。
鑑賞後はみんなで記念撮影〜 今回はメンバーよりもスタッフの方が多いツアー

IMGP3313.jpg

美術館を出ると外は快晴〜 葉山の空気とこれから始まる新緑の予感を味わいながら 景色を堪能〜




IMGP3294.jpg

美術館横から始まるまっすぐな脇道  心が躍る〜ワクワクと〜 光り輝く海へと続く... 
光の先へ みんな吸い込まれていくように歩いていくと



IMGP3300.JPG

静かな波音と眩しすぎる水面にしばらく気をとられ〜 波打ち際へ〜




IMGP3303.JPG

匠さんがひとり 無心で貝を拾い始めると なぜかみんなも無心で貝を探し始める〜




IMGP3310.jpg

なんだか 海へ貝拾いにきたような感じに〜 すっかり時間を忘れて満喫するみなさん  申し訳なく移動時間を告げ 次なる横須賀美術館へ向かうことに



IMGP3320.jpg

横須賀美術館の別館  谷内六郎館の前で匠さんとつくみさん  
この作品 この世界観をどう思ったかな? 私は個人的に好きですねえ〜 初めてここに来て谷内さんの作品を観た時に思わず吸い込まれてしまいました それからはファンで 今回も前回作と違う展示作品にうっとりと またシビれてしまいました〜 心を洗濯できたような気持になりました
写真はないけれど〜 はるさんは スタッフのじじろうさん(あーとすたじお源のアドバイザー)と一緒に本館の青木義雄展を練りまわる VTS(対話型鑑賞)の高いスキルと経験を積むじじさんと ゆっくり作品鑑賞しながら語り合う二人 今回は初めてコラボする二人でしたが自然と相性が合うようでした 話しやすい人だった と はるさんの感想でした 語り合いながら作品を鑑賞する楽しさを知ったようです はるさん よかったですね いつもと違ういい体験。 じじさん また次回 すたじおメンバーで行ったらよろしくお願いします〜 二人の写真撮りたかったなあ〜 残念

IMGP3327.JPG

最後のとどめ また記念撮影〜 日が暮れて外は寒いのに 横須賀の海をバックにみなさんちょっと疲れ顔でした〜 半日お疲れさまでした〜 またアトリエで制作に戻りましょう〜 


posted by 福家健彦 at 11:57| Comment(0) | 日記
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: